impromptu weekend getaway

【オーシャンビュー】フェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜 宿泊記

三重御浜

久々にブログを更新します。今回は、三重県南部にオープンした宿泊特化型ホテルを紹介します!

2020年10月、訪日客誘致や地域活性化を目指した地方創生事業の一環として、道の駅に併設する形でフェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜がオープンしました。

昨年から国内に展開されはじめたフェアフィールドブランド

この三重御浜のホテルは道の駅に併設されていますが、実はJR紀勢線の阿田和駅もすぐ近く(徒歩2~3分程度)にあり、熊野古道を目当てに鉄道で来た人にも非常に便利な立地となっています。

従来、日本国内に展開するマリオット系列のホテルは高級志向のものが中心でしたが、フェアフィールドブランドは宿泊に特化した簡素なホテルになっています。

それでは早速、フェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜に滞在したときの様子を紹介したいと思います。

外観&エレベータホール

洒落た雰囲気の外観

フェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜は2020年10月にオープンしたばかりなので、車で行く場合はカーナビに出てこないケースも多いと思いますが、「道の駅 パーク七里御浜」に隣接しますので、道の駅を目的地として設定すると迷うことは無いと思います。

ホテルのすぐ隣に駐車場があり、無料で駐車可能です。

エレベータホールの様子

ホテルは3階建てでこじんまりしており、エレベータは2基あります。

エレベータ内の様子

建物内は廊下、エレベータ内を含め、全体的に木目調で綺麗に纏められています。

廊下の様子。

ホテルは基本的には食事なしプランのみで、フィットネスジムなどの設備もなくシンプルな構成になっていますが、さすがはマリオット系列、館内は落ち着いた雰囲気になっています。

部屋の様子

部屋の全体感。木目調を多用しており、落ち着いた雰囲気。

部屋の全体感はご覧の通り。部屋の中も木目調でまとめられており、落ち着いた雰囲気です。

フェアフィールドは低価格で宿泊できるホテルですが、同価格帯の他社ビジネスホテルと比較すると全体的に上品で、センスの良さを感じます。

洗面台。

設備面で特筆すべき点は、洗面台がご覧のような配置になっており、壁で仕切られてない分、部屋全体が広く感じられます。

アメニティ
アメニティ類。

アメニティ類については、必要なものが最低限揃っているという印象です。

洗面台の下にタオル、ドライヤー等が準備されています。
スリッパ

スリッパはフェアフィールドのロゴが印字されているものが用意されています。

ベッド周り
ベッド周りの様子。

特徴的なランプのおかげで洒落た雰囲気になっています。

部屋の窓側から洗面台方面を見た様子。

冒頭の写真で開放感のある部屋全体を紹介しましたが、実は洗面台のところには襖のような扉があり、このように寝室を一つの部屋として区切ることも出来ます。

なんとなく開放的すぎると落ち着かないというタイプの人には良いかもしれません。

テレビ
テレビ周りの様子。
窓側の様子。
ドリンク類
水は地元、熊野古道の水が用意されていました!
金庫と冷蔵庫
窓側の大きな台の中は、金庫と冷蔵庫になっています。

冷蔵庫の中身は空でしたので、持ち込んだものをフルに収納できます。

トイレ
トイレ。
シャワー室
シャワー室の様子。

フェアフィールド三重御浜には、浴槽付の風呂はありませんが、シャワーはレインシャワー付です!

シャンプー類
シャワー室のシャンプー類。

シャンプーはご覧のようにシャワー室に備え付けの物があります。洗面台のハンドソープも含め、緑色のもので統一されています。

シャンプーは実際に使ってみて大きな不満はありませんでしたが、マリオットでお馴染みのTHANNに比べれば、当たり前ですが全くクオリティが異なりますので、こだわりのある方は、自分の好みの物を持参した方が良いかもしれません。

オーシャンビュー

フェアフィールド オーシャンビュー
すぐ目の前には太平洋が広がります。

ホテルのすぐ目の前は、実は海なんです。

客室は海側と山側があるので必ずオーシャンビューという訳ではありませんが、今回は3階海側の部屋だったので、部屋から海を眺めることが出来ました☆

サンライズ
朝早起きすれば、部屋から日の出も!!!

天気が良ければ、部屋から日の出を見ることも出来ます!

もし海側の部屋に宿泊できなかったとしても、徒歩2~3分で浜辺に行けますので、ぜひ日の出の絶景を楽しんでみてください。

ラウンジ 

ラウンジ
1階にあるラウンジスペース。かなり広々しており快適です。

ホテルの1階にはご覧のようなラウンジスペースがあります。

ラウンジと言っても、他のマリオットホテルにあるような上級会員向けのものでは無く、宿泊者全員が使える共有スペースになっています。

ライブラリースペース
ライブラリースペース

ライブラリースペースには、地元を紹介する本が充実していました。

けっこうマニアックな本もあり、楽しめます。

ラウンジ
ラウンジからホテルフロント方面を見た様子。

エグゼクティブラウンジでは無いので、Marriott Bonvoy上級会員の方は少し残念かもしれませんが、このラウンジはホテル全体の客室キャパとの比較で考えると、かなり広々しており、ゆとりがあります。なので土日など繫忙期であってもまぁまぁ寛げるんじゃないかなぁと思います。

ラウンジ フェアフィールド
ラウンジの様子。

飲み物などは持参するか、ホテルの売店スペースで購入する必要がありますが、けっこうゆったりしていて使えそうだなぁという印象です。

ラウンジ 珈琲
コーヒーマシーン

ちなみに、ラウンジの奥にはコーヒーマシーンがあり、珈琲を飲むことが出来ます。

珈琲以外にも、お茶も用意があります。

種類は限られますが、コーヒー以外にもお茶を飲むことも出来ます。あとは醬油、ソースの備え付けがありました。このホテルにはレストランがないため、食事は外で済ませてくるか、テイクアウトするかになりますが、総菜や弁当を買ってきたときに便利でありがたいサービスですね。

私も外で刺身を買ってきたので、この醬油には助かりました!

ラウンジ奥のスペース。電子レンジ、オーブンもあります。

あとは電子レンジ、オーブンもあります。パンを買っておけば、朝食はここでパンを温めて、コーヒーも飲めるので、シンプルではあるもののかなり機能的だと感じました。

コインランドリー

自販機とコインランドリー

ホテルの1階には上述のラウンジのほかに、自動販売機とコインランドリーがあります。

洗濯機と乾燥機
洗濯機と乾燥機。

洗濯機が300円、乾燥機が20分100円とリーズナブルな値段でした。

熊野古道を歩くときなど、長期滞在の時に重宝しそうですね。

以上、フェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜の紹介でした。

全体的にシンプルですが、機能的にうまくまとめられており好印象なホテルです。

このエリアは高級志向な旅館か、かなり古いビジネスホテルor民宿ばかりという極端な宿泊施設しかなかったので、熊野古道や那智の滝など、紀伊半島南部を観光するときに有効活用できそうです。あとは、列車本数が少ないので鉄道利用の方は多くないかもしれませんが、熊野エリアのJR紀勢線の駅近ホテルは全く充実してないので、そういう意味でも重宝しそうです。

フェアフィールド三重御浜の宿泊費をcheck !(一休.com) フェアフィールド三重御浜の宿泊費をcheck !(じゃらん)

参考情報 ~ピザのテイクアウト~

冒頭で紹介した通り、フェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜での宿泊には食事は付かないので、自分で調達するor外で食べてくる必要があります。とはいえ、ホテル周辺はお店が少ないので、今回は隣町の新宮でのテイクアウトをご紹介。

ピッツェリア・トレディータ

滞在中、なんとなくピザを食べたくなったので検索してみると、新宮駅のすぐ近くにピザ屋さんがあることが判明したので、さっそくテイクアウトしてきました。

お店はJR新宮駅のすぐ近くにあります。那智の滝や熊野本宮を観光すると、帰りに新宮駅付近を通るので、帰りに寄るのがお勧めです。鉄道利用の場合も、列車待ちの時間に行けそうです。

生ハムのピザL 1,400円

ピザは耳まで薄いタイプ、私の好みで美味しかったです☆

メニュー

実は事前情報が少なかったので、食べログのメニューを参考に電話で注文したのですが、ご覧のメニューがテイクアウトできるようです。こんどはチーズ増量で注文してみようかなぁ~

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です