2度目のW大阪 LIVING ROOM でアフタヌーンティーを満喫☆

マリオット系列

当ブログ2度目のW大阪。前回はマーベラススイートで大きな部屋を贅沢に楽しみましたが、今回は繁忙期ということもあってかアップグレードは1ランクアップに留まりスペクタキュラールーム。その代わりという訳ではないのですが、今回はアフタヌーンティー を楽しんだので、レポートしたいと思います☆

また、朝食もブッフェスタイルになっていたので、このあたりもご紹介したいと思います!

ホテルの全体感は前回の記事をご参照ください☆

ホテル外観 ~夕暮れからが本番☆~

前回の記事ではホテルの夜の外観についてあまり紹介しなかったので、簡単にご紹介したいと思います。

W大阪 宿泊記

W大阪は黒い結晶体のような独特な外観で、昼間に見てもスタイリッシュでカッコ良いのですが、日が暮れてくるとよりエッジが効いてきて、独特な世界観を感じることが出来ます。

W大阪 外観

中層階のオフィスビルが並ぶ南船場にて圧倒的に異彩を放つW大阪。

建物はガラス張りの平面で非常にシンプルなのですが、いま写真で振り返ってみても本当にかっこ良い。。。

見た目は質素に、でも内では豪華さを極める、というのがコンセプトのようですが、W大阪はこのギャップがすごく激しくて面白いです。

MIXup

御堂筋に面した1階にはカフェ「MIXup」があります。

MYDO W大阪

こちらは鉄板焼き「MYDO」。従来の日本のシティホテルにはないハイセンスで洒落たデザインに見入ってしまいます。

こちらはホテルのエントランス。このネオンは季節を表しており、時期によって変わるようです。

ちなみに前回滞在した時の写真を見るともう少し緑っぽい青のネオンだったので、初夏から夏への変化を、青色の濃さで表しているのかなぁと思ったり。

☆前回の滞在↓

W大阪 ロゴ

さて、それではお楽しみの2度目のW大阪です!

LIVING ROOM でアフタヌーンティー

WOSAKA LIVING ROOM

フロント階にあるLIVING ROOMはカラフルで派手ながらも、決して品が無いという訳ではなく、ポップで楽し気な空間に仕上がっています。

W大阪 LIVING ROOM

アフタヌーンティーの時間はかなり賑わっており、満席になっていたように見えます。

インスタ映え間違いなしのこの空間は非常に人気で、宿泊客以外のお客さんも多くいたように見えます。

土日などの繫忙期にアフタヌーンティー 目当てで行く場合は、事前に予約しておいた方が無難だと思います。

W大阪 アフタヌーンティー

アフタヌーンティーは11時30分~、14時~、16時30分~、の3タームで各々2時間制となっています。

LIVING ROOM メニュー

さて、着席するとカラフルなメニューが運ばれてきて、ここからドリンクを選びます。

お茶は沢山種類があって迷ってしまいますが、香りを試しながら選ぶことが出来ました!

W大阪 紅茶

選んだお茶はW大阪らしいカラフルで可愛らしいポットで運ばれてきました。

今回は「ロード ベルガモット」と「レッド ネクター」にしてみました。

W大阪 マグカップ

マグカップには大阪の街が描かれており、部屋のクローゼットなどと同じデザインになっています。

ベルガモットはオレンジのような鮮烈で華やかな香りで、味もしっかり強めで旨味があり、個性的なスイーツにピッタリでした😉

W大阪 ミニチュア

待つこと数分、ミニW大阪の登場!!! 笑

そう、W大阪のアフタヌーンティーは、このようにW大阪のミニチュアで登場するんです☆

ホテルを模したカバーをあけると・・・・!!

W大阪 アフタヌーンティー

ブロックみたいなデザインのスタンドに、賑やかで個性あるケーキたちが入っています☆

カラフルな背景に負けず存在感のあるスイーツたち。

ずーーーっと写真撮っている人もいましたが、気持ちは分かります 笑

写真で見ても綺麗に見えますが、実際に見ても本当に綺麗ですよ~

W大阪 スコーン

スタンドとは別皿でスコーンもあるのですが、これもすごく美味しかった!!!

しっとりして美味しいスコーンって意外となかなか出会えないんですよねぇ~

W大阪 スイーツ

オマール海老のタコス、タンドリーチキンと紫キャベツのホットドッグ、フォアグラのパルフェなど。。。

どれも本当に美味しい。見た目だけでなく味もしっかりしているのが本当にすごい。

今回はアフタヌーンティーとして紅茶で頂きましたが、個々のスイーツがしっかりしているのでお酒にも良く合いそう☆

ココナッツクリーム、白桃、マンゴーのスイーツなど。。。

途中でお茶をおかわり。W大阪オリジナルブレンド。ポットが変わりました!

W大阪オリジナルということで、トロピカルな味に違いないと期待していたのですが、ほぼ予想通り!

ピーチやパイナップルみたいな雰囲気にバニラとかが加わったイメージ。

カラフルな空間にも似合い、W大阪でのアフタヌーンティーにピッタリのお茶でした。

W大阪のアフタヌーンティー、最高でした!!!

さて、アフタヌーンティーを楽しんだあとはお部屋へ。

スペクタキュラールーム

W大阪は奇数階と偶数階でテーマカラーが異なるのですが、今回は偶数階でブルーがテーマカラー。

前回はピンクがテーマカラーだったので、これでどちらも経験できたことになります!

さっそく部屋に入るとこんな感じ。クッションがニッコリ出迎えてくれます😉

W大阪 スペクタキュラールーム

ガラス張りのコーナールームは自然光がたくさん入り、部屋は明るく清々しく感じます☆

スペクタキュラー

自然光をふんだんに活かすデザインは安藤忠雄っぽいですね。

部屋のドリンク類。よく見るとお酒が並んでるトレーが、このフロアのテーマカラーのブルーになってますね。

W大阪 冷蔵庫

お菓子屋冷蔵庫の中は、パッと見た感じはマーベラススイートと同じように見えます。

メモ帳もブルーのトレーに入っています。
bluetooth対応のスピーカー。
W大阪 こけし

こけしは部屋によってデザインが違うみたいで、滞在するごとに色々と楽しめそうですね。

風呂・洗面台&アメニティ類

風呂は楕円形の浴槽が窓辺に置かれていました。

梅田側が見える配置で、夜は夜景が綺麗に見えました。

石鹸やボディクリームはマーベラススイートと同じ「コンフォートゾーン」のものでしたが、すべてサイズが一回り小さなものになっていました!

う~ん、やはりスイートは特別だったんですねぇ~。。。笑

歯ブラシなど諸々。
W大阪 シャワーブース

洗面台を背にしたところにあるシャワーブース。

シャンプー類は「momo 」でしたが、こちらも↑に同じくスイートでは一回り大きなものも用意されていたので、やはりスイートは別格だったのだなと実感。

W大阪 トイレ
W大阪 クローゼット

クローゼットはこんな感じ。大阪の街がポップに描かれており賑やかです。

バスローブは黒い厚手の物なんですが、これがかなり快適!😝 

反対側にはスリッパやアイロンなどが用意されています。

部屋着も用意されています。

ターンダウン

W大阪 ターンダウン

W大阪の楽しみの一つがターンダウンサービス。

夕食を食べて部屋に戻ると、部屋がescapeモードに!🤩 

W大阪 ターンダウンサービス

ニッコリ出迎えてくれたクッション君もお休みモードに。

青のネオンで部屋が青のネオンに染まりましたが、部屋の紹介で最初に書いたように、偶数階と奇数階でコンセプトカラーが変わるので、どんな雰囲気を楽しめるかは当日のお楽しみ♪

W大阪 escapeモード

ベッド周りも整えて頂きました。

山崎 ミニボトル

今夜の〆は山崎で!

一昔前はコンビニでも普通に売ってた山崎 のミニボトル。最近は本当に買うのが難しくなりましたよね~。。。

山崎 ロック

ターンダウンサービスにて、カウンターテーブルに氷を用意してくれるので、部屋でこのようにロックを楽しむことが出来るんです☆

W大阪を存分に楽しみ、この日は就寝~

モーニング ~oh.la.la…でブッフェスタイル~

部屋から望む日の出。今日も楽しい一日が始まります!

モーニングはW階にある「oh.lala… 」 賑やかなこけし壁面の横に入口があります。

前回滞在したときは定食形式でしたが、今回はブッフェスタイルになっていました!

ジュースはフレッシュジュース!これが最高に美味しい! 

今回は八朔とオレンジを選択。他にも複数種類あるのですが、フレッシュジュースが複数種類あるホテルのブッフェは珍しく、素晴らしいです☆

こちらは独特な容器に入ったスムージー。見た目も味もGOOD!

フルーツたち。フルーツに限ったことではないのですが、とにかくカラフルで綺麗☆
ハムや野菜たち。
サラダのドレッシングは色々種類があります。
このゾーンもかなり魅力的でしたが、お腹いっぱいで手つかず 笑
W大阪 ブッフェスタイル
暖かいものシリーズ。
W大阪 和食
和食のラインナップ
W大阪 パン
賑やかなパンたち。どれも美味しそうで、どれにするかかなり迷います😂
ヨーグルトも色々種類があります。

色々と取ってみました☆賑やかなで楽し気なテーブルに。

サラダとスクランブルエッグ。
こちらはオーダーで作ってくれるオムレツ。野菜とチーズを入れてもらいました。

〆は最後はヨーグルトやフルーツで!

個々の料理がとても充実していてお腹いっぱい☆

大満足の朝食でした。

さて、今回は以上になります。

ハイセンスである分少々お高めなW大阪ですが、「楽天 」や「一休.com 」ではたまに驚くほど安くなっていることもありますので、興味のある方は定期的にチェックしてみると良いと思います!

ではまた!