impromptu weekend getaway

東京マリオットホテル 宿泊記 プラチナ会員特典でラウンジを満喫

tokyomarriott

品川駅から送迎バスで3分程度、御殿山の東京マリオットホテルに行ってきましたので、部屋の様子や朝食、マリオットボンヴォイのプラチナ特典についてご紹介したいと思います。

ちなみに、似たような名前の「コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション」とは全く別のホテルなのでご注意ください!

アクセス&チェックイン

東京マリオットホテル ロゴ

東京マリオットホテルは、品川駅の京急線側の改札口(高輪口)からのアクセスが便利です。京急線の改札口近くのバス停から20分毎くらいに送迎バスが出ているので、利用すると便利です。地方のマリオットホテルにあるような専用バスではなく、見た目は普通の都バスなので、注意が必要です。ちなみに、品川駅から徒歩でもアクセスしてみましたが、ゆっくり歩いても15分程度ですので、お散歩がてら敢えて歩いてみるというのもありかもしれません。

東京マリオットホテル エントランス

バスに乗るとあっという間に到着。乗車時間は3分程度だったように思います。

東京マリオットホテル エントランス

中に入ると天井が高く開放的な空間になっていました。全体的にグレーっぽいモノトーンでまとめられたインテリアは森トラストっぽいですね。軽井沢マリオットや琵琶湖マリオットもこんな雰囲気でした。

さて、チェックインをする場所ですが、ちょっと場所が分かりにくくて、目の前のLounge&Dining Gを右後方に抜けて行ったところにあります。品川エリアは駅前にプリンスホテルが大きく展開しているものの意外とホテルが多く無いためか、ホテル内はけっこう賑わっていました。アフタヌーンティーを楽しんでいる方が多かったです。

東京マリオットホテル フロント

奥まったところにあるホテルフロントでチェックイン。

マリオットボンヴォイのプラチナ特典として、高層階のエグゼクティブフロアにアップグレードされました。エグゼクティブフロアの宿泊者が利用できるラウンジや、レイトチェックアウトの説明を受け、お部屋へ。

エグゼクティブ デラックスキング

エグゼクティブ デラックスキング

今回宿泊するのはエグゼクティブ デラックスキング。部屋の全体感はこんな感じです。

デラックスキング

窓側にはゆったりめのソファがあり、デスクワークも問題なくこなせる大きさのデスクもあります。

エグゼクティブ デラックスキング デスク

一時期はiPadを持ち歩いていたものの、最近はパソコンを持ち歩くことも多いので、大きめのデスクがあるのは個人的にポイント高いです。

クローゼット

クローゼットにはバスローブが用意されていました。うっすら見えるかもしれませんが、スリッパはマリオットのロゴ入りでした。

マリオット 水

水はマリオットラベルのものが2本用意されていました。

東京マリオットホテル 冷蔵庫

棚の下には冷蔵庫があるほか、グラス類、お茶などが用意されています。

東京マリオットホテル ワイン

引き出しをあけるとハーフボトルのワインも。以前紹介したコートヤード・バイ・マリオット東京ステーションは完全に素泊まり利用を想定したビジネスライクな作りになっているのに対し、こちらは部屋も広めで、ある程度ゆっくり寛ぐことも想定された作りになっています。

東京マリオットホテル グラス類

グラス類。写真がブレてしまった。。。

東京マリオットホテル TWG

お茶は嬉しいことにTWGでした! 

東京マリオットホテル TWG

しかも4種類も用意されており、これには感動しました☆

東京マリオットホテル 金庫
東京マリオットホテル 浴衣

そのほか、金庫や部屋着はこんな感じでした。

洗面台&風呂場&アメニティ類

東京マリオットホテル 洗面台

続いて洗面台に行ってみると、なんとご覧のようにかなりゆったりした作りになっていました。

東京マリオットホテル 洗面台

トイレが一体となっていますが、洗面台の空間は広々しております。

トイレのすぐ隣が浴槽という構造ですが、ガラスの仕切りがあり、特にストレスなく使うことが出来ました。

アメニティ類はマリオットでお馴染みのTHANN。この一式を見るとマリオットに来たなぁって気持ちになります。

部屋からの景色

マジックアワー

マジックアワー。今回は五反田方面を向いた部屋だったので、高層ビル群が見えます。

品川駅 マジックアワー
品川駅 夜景

東京タワービューというにはやや物足りませんが、いちおう東京タワーも望むことが出来ます。

手前に広がる明かりは品川駅。

26階 エグゼクティブラウンジ

部屋で少し休んだら、エグゼクティブラウンジでお酒が飲める時間になったので26階へ。

時間になってわりとすぐに行ったのですが、ラウンジは大盛況で順番待ちになっていました。コロナ明けで遠くには行けないけど、気分転換に近場のホテルで土日ステイを楽しむっていう人が多いのかもしれません。

東京マリオット ラウンジ

ブッフェスタイルで、各自で好みのメニューを選べるスタイル。コロナも落ち着いてきましたし、自分で色々と選べるのは嬉しいですね☆

マリオット東京 ラウンジ タコス

メニューのなかで特徴的だったのはタコス。あまり他のホテルラウンジでは見ないような気がします。

御殿山 マリオット ポップコーン

あとはポップコーン。これも他のホテルにはあまり無いような気がします。

東京マリオット ラウンジ

そのほか暖かいメニューはこんな感じ。ここ東京マリオットのラウンジはかなり充実していて、他にもいくつかメニューはあったのですが、けっこうラウンジ内が混雑していたこともあり、部分的にご紹介。

ひとまず色々と取ってみました☆

ドリンクについてはビール、ワイン、ウイスキーなど一通り揃っていましたが、特筆すべきは生ビール!

ラウンジで生ビールが飲めるのはポイント高いです☆

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションでもウェルカムドリンクで生ビールのサービスがありましたが、ビジネスマンの多いエリアだからこそのサービスなのかもしれません。

朝のラウンジ

東京マリオット ラウンジ

翌朝ラウンジへ行ってみると、ご覧のようにかなり空いていました☆

御殿山 ラウンジ
東京マリオットホテル ラウンジ

皆さん夜のアルコール提供の時間帯を目当てにしているようで、朝の時間帯はしばらく貸切状態でした。

夜は混雑していて賑やかな雰囲気でしたが、朝は静かで爽やかな雰囲気のなかゆったりすることができました。

東京マリオット TWG

ラウンジのお茶もTWGで、ご覧のように種類も豊富なので、夜だけでなく朝の時間帯をラウンジで過ごしてみるのもお勧めです。

東京マリオット ラウンジ

ラウンジからはすぐ近くに東京湾が見えます。この写真では分かりにくいかもしれませんが、すぐ近くに羽田があるので飛行機も良く見えます。次々と離着陸していく飛行機の様子をボーっと眺めているのもいいものですよ。

東京マリオット ラウンジ 景色

品川駅方面はこんな感じに見えます。

朝食

東京マリオット ダイニング

朝食はホテル1階のLounge&Dining G にてブッフェスタイルとなっていました。

天井が高く広々した空間で、良い朝食でした。

東京マリオット 朝食

東京マリオットホテルの朝食。お勧めは端に少し写っているフレッシュオレンジジュース。普段はブッフェでカレーは取らないのですが、急に食べたくなったのでとってしまいました。朝カレーけっこう好きなんですけど、案の定すぐにお腹いっぱいになってしまい大変でした😂

東京マリオットホテル オムレツ

ほかには卵料理をオーダーできます。ソースをビーフシチュー?にしたので、これまたボリューミーになってしまいました😂

東京マリオットホテル モーニング

フレッシュジュースが美味しくてもう一杯頂いちゃいました。

さて、お腹いっぱいになったところで今回のレポートはおしまいです!

今回宿泊してみて感じたのは、東京マリオットホテルは部屋やレストランは正直そこまで特筆すべき点は無かったかなという印象ですが、一方でラウンジサービスが充実していて、土日ステイやワーケーション的な利用には適しており、コスパも相応に良いかなと思いました。

また、一休.com 楽天トラベル ではラウンジにアクセスできるエグゼクティブフロアを含めてタイムセールしていたりするので、そのあたりを活用すると良いかなぁと思います。

ではまた!

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です