impromptu weekend getaway

W大阪 宿泊記 ~マーベラススイートで非日常を満喫☆~

ついに当ブログに登場!

2021年3月にオープンしたばかりの注目ホテル。安藤忠雄も設計に携わったとされるホテルは外観や内装、そしてサービスも斬新なものばかり。インスタを見ているとなんだかパリピ向けホテルのように見えるW大阪ですが、結論を先に言います。かなり快適で最高なホテルです!

今回は部屋の様子、フィットネスジム、朝食について紹介したいと思います!

アフタヌーンティーについては、↓の記事をご参照ください☆

外観&チェックイン

Wホテル

まずアクセスですが、ホテルは心斎橋駅から徒歩圏内にありますので、関東の方は新大阪駅にて地下鉄御堂筋線に乗りかえると便利です。

W大阪

グーグルマップを頼りに歩いているとすぐに発見。黒い何かの結晶体のような、四角い独特なビルがW大阪です。

Wホテル ロゴ

一見シンプルな「W」のロゴが存在感を放ちます。

Wホテル 入口

どこかのクラブに来たようなパリピ感全開の入口。ちなみにこの入口は御堂筋の反対側にあります。

大きな期待と少しの不安を胸に、青色のネオンが輝く入口へ。

余談ですが、このネオンの色は季節感を表しており、季節によって色が変わるとホテルの方に教えて頂きました。

中へ入るとすぐにスタッフの方に声をかけて頂き、このピンクのネオンのエレベータでフロントへ。

時間帯によってこのマットが変わるという演出がありました。

フロント階に着くと、目の前には明るく開放的な空間が!

おぉ~なんか楽しそう! 笑

ポップなBGMにテンションが上がってきます!

写真は人のいない朝に撮影したものを載せていますが、チェックイン時は多くの人で賑わっていました☆

個室のような空間もあり、おひとり様からグループまで、色々な楽しみが出来そうです。

フロントはこじんまりした空間でしたが、こちらもネオンが綺麗な異空間といった感じでした。

今回はポイント利用の宿泊でしたが、なんとプラチナ会員ということでマーベラススイートにアップグレードして頂きました♪

マーベラススイート ~80㎡の贅沢空間~

さっそく部屋の中へ。この解放感から、ここが特別な部屋であることを実感します。

リビングルームには大きなソファと大画面テレビがあり、窓側には洒落たハイテーブルがあります。

ミニバーの様子。瓶ボトルの水が良い感じ。ウイスキーで山崎が準備されているあたりは流石。

なんだか楽しそうな引き出しの中身。

冷蔵庫の中はこんな感じ。色々と洒落たものが入ってますね☆

続いてベッドルーム。こちらにも大きめのテレビがあり、窓側にはソファも置いてあります。

全面ガラスのコーナールームなので抜け感があり、広々しています。

クローゼットまわりはこんな感じ。広々しています。壁面に描かれているイラストは、良く見ると大阪の街並みなんです!

黒色のバスローブ、これはなかなか良い感じでした。

風呂&洗面台など

さて、広々して快適なマーベラススイートですが、個人的に一番のセールスポイントはこの風呂場!!!

広々した空間に円形の浴槽がドーンと置かれています。

無機質な空間に鎮座する浴槽。どこかの美術館に来たような感覚になります。

このホテルの設計にどれほど安藤忠雄が関わっているのか分かりませんが、この無機質な雰囲気は安藤建築っぽいですね。昨年直島でベネッセハウスに宿泊した時を思い出します(参考までに直島の安藤建築ホテルに泊まった時の様子↓)。

石鹸、洗顔、ボディローションはコンフォートゾーン。しっかりした量のものが用意されています♪

こんなに大盤振る舞いなアメニティは初めてかも。

シャンプー類たち。こちらもかなり贅沢なサイズのものが用意されています☆

その他アメニティ類。こだわりの逸品が揃ってます。

女性はドライヤーのランクも気になるでしょうが、なんと用意されていたのはリファ

あらゆるものに妥協せず、良いものが準備されています。

シャワーブースはご覧のようにレインシャワーもあります。広々していて快適です!

シャワーブースは黒味のかかったガラス張りになっており、外の景色を見ながらシャワーを浴びることが出来ます。

朝のシャワー、かなり気持ち良かったですよ!

そのほか、トイレの様子。トイレは2か所あります!

Wホテルのロゴの入ったスリッパ。履き心地も良かったです。

アートな部屋

部屋そのものも非常に快適なのですが、実は色々とアートなものが置かれており、滞在を退屈させません。

blutooth対応のステレオもなんだか洒落ている。

コースターは全部で4種類あるようで、すべて大阪の街がモチーフになっているみたいですよ!

フィットネスジム&プール

部屋でゆっくりした後は4階のフィットネスジム・プールへ。

スイート宿泊者はウェアやシューズなど、すべて無料でレンタル可能とのことだったので少し体を動かしてきました。

とても綺麗なプール。インスタ映え間違いなし。コロナ禍でなければバーの運営もあるようです!

プール脇の中庭スペースは、実は外なんです!

コロナが落ち着いたら是非再訪したいところです。

広々したフィットネスジムエリア。結構しっかり体を動かすことが出来ました☆

こちらは4階フロアのプールの隣。ネイルとかもやってるみたいですね。色々ありすぎて1泊では足りません😂

ロッカーの様子。モダンなデザイン。

ロッカーにはHACCIの化粧水とダイソンのドライヤーがあり、こんなところまで手を抜かないんだなぁと感心。

あとは、あまり他では見たことのないお洒落なパッケージの水も冷蔵庫に用意されていました☆

浴場の写真は撮っていませんが、サウナもあり最高でしたよ!!!

恐らく浴場まで利用する宿泊者はさほどいないと思われ、本当に綺麗でした☆

ターンダウン

部屋に戻ると、ターンダウンサービスがされていました。

部屋の照明がご覧の通り、ピンクのネオンに切り替わり、ベッド周りも整備されていました。

明るい時間帯から一気に雰囲気が変わり、Wホテルの本領発揮といったところでしょうか。

リビングルームには氷がセットされているほか、水も補充して頂けました。

こちらは翌朝に撮ったものですが、クッションもお休みモードになってました 笑

ちなみに夜のお風呂はこんな感じ♪

朝食

さて、最後に朝食の紹介です。

朝食会場はフロント階のコケシ壁面の左側にある「oh.lala…」。

oh.lala…の中もポップで楽しい雰囲気。

マリオットボンヴォイのプラチナ会員特典で朝食は無料で頂けました♪

無数にある水玉のような電球がポップで楽しい空間にしてくれています。

良く見ると壁面にある食器も水玉模様ですね。

朝食は和食と洋食から選べますが、ホテルの雰囲気から迷わず洋食を選択。こちらは前菜。

とてもサッパリしていて、フレンチで出てくる前菜のような上品な仕上がりです。

パンは好きなものを選ぶことが出来ますが、どれも驚くほど美味しかった!

ホテルの方が気さくにパンの説明をしてくれます。あとはジュースもこんな感じで沢山のバリエーションから選ぶことが出来ます。食べていると絶妙なタイミングでジュースやパンのおかわりを勧めてくれます。

ビジュアル重視だろうと舐めていましたが、すごく美味しかったです!

卵料理は選択式で、こちらはエッグベネディクト。アボガドとの相性抜群で、最高!

左に見えるのは生ハムとフルーツ盛り合わせ、右下は冷製スープ。どちらもメニューにありませんでしたが、いつもこのようなサービスがあるのかは不明です。

とても美味しかった~!ありがとうございます!

こちらはフレンチトースト。よくありがちなベタベタしたものでは無く、りんごとショウガで上品に纏められていました。

コンセプトやターゲットがあまりに違うので単純比較はできませんが、付近の高級ホテルであるリッツカールトン大阪の朝食より美味しいと思いました。

どれも本当に美味しくて、なんでこんなに完成度が高いんだろうと調べてみたら、ミシュラン星付きシェフである「La Cime」の 高田裕介シェフと提携しているとのこと。このページでも色々と紹介してきましたが、W大阪はあらゆることに拘りを持っており、滞在中は感動の連続でした。

最後はコーヒで。

まとめ

さて、W大阪の紹介は以上になります。簡単にまとめてみましたがいかがでしょうか。

ビジュアルが素敵なのでインスタ世代はもちろんですが、是非色んな年代の人に楽しんでもらいたいと思います。

皆さんフレンドリーなスタッフばかりなのですが、決して無礼という訳ではなく、文字通り親しく接してくれているという感じ。久しぶりに心底良いホテルだなぁと思えるホテルに出会った気がします。

土日の過ごし方がマンネリしてきたら、是非行ってみてくださいね!

ではまた!


この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です